歯周病治療について

PERIODONTAL TREATMENT

当院の歯周病治療

歯周病の診断方法

慶歯科医院の歯周病治療について

当院の歯周病治療は、患者さまと二人三脚。
患者さま”治療参加型”の治療が最も大切だと考えています。

ブラッシングはエチケットではなく、家庭で出来る歯科治療という考え方

当院では、歯周病の治療は歯科医師が一方的に行うものではないと考えています。何より重要なのは、日常的なセルフケア。患者さまがご自身の噛み合わせやブラッシングの癖などを知り、通院中はもちろん、治療後もご自身でお口のケアをしていただくことが大切なのです。ブラッシングはエチケットではなく、家庭で出来る歯科治療です。日頃のセルフケアでお口の中のバイ菌をコントロールできるようになることが、その後の虫歯リスクなどを減らし、インプラント治療を成功へとつなげる大きな足がかりとなります。

歯科衛生士担当制で患者さまの口腔内を管理します

患者さまお一人おひとりを、治療開始から終了までの期間、同じ歯科衛生士が担当します。経過観察やセルフケアの状況確認などもしやすく、治療やケアの情報もしっかりお伝えすることができます。

歯周病治療専門の歯科衛生士が在籍しております

当院には歯周病学会認定歯科衛生士が在籍しており、認定衛生士の数としては、熊本県内では最も多い類に入ります。歯周病への対応を的確かつ効率的に実施し、常に最新の情報を元に治療をご提供いたします。

歯周病の診断方法

歯周ポケットの測定

「ポケットプローブ」という棒状の器具を歯周ポケットの中にそっと挿入して、ポケットの深さを測ります。
これにより炎症の程度(出血、排膿)や歯周ポケットの深さがわかります。
歯周ポケットが深いと、歯肉の腫れ、歯槽骨の吸収、歯肉の歯牙への付着が破壊されている可能性があります。

測定結果

3mm以内・・・正常もしくは歯肉炎

歯肉に限局した腫れがあり、歯みがきで出血します。
歯周病の始まりといわれています。

4~5mm・・・初期~中等度歯周炎

歯肉に限局した腫れがあり、歯みがきで出血します。
歯周病の始まりといわれています。

6~9mm・・・中等度歯周炎

だんだん歯槽骨が吸収してきました。
プラークや縁下歯石の付着もみられます。

10mm以上・・・重度歯周炎

ほとんど歯槽骨が吸収し、なくなってしまっています。これでは歯がグラグラして・・・
ついに抜歯になり、歯がなくなります。

動揺度の測定

ピンセットで歯を動かしてぐらつきの程度を測ります。
<測定結果>
 動揺度0−正常,ほとんど動かない
 動揺度1−初期の歯周病,歯が前後の1方向に動く
 動揺度2−進行した歯周病,歯が前後・左右の2方向に動く
 動揺度3−重度の歯周病,歯が前後・左右・上下の3方向に動く

レントゲン写真

レントゲン写真では歯槽骨の溶けた程度(骨吸収量)を歯根の長さと比較して表現し、歯槽骨の溶けた程度を観察します。