歯周病治療の流れ

PERIO FLOW

Step1. 歯周病検査

ブラッシング指導、歯石とりを行い、資料(組織検査やレントゲン、口腔内の写真撮影など)を揃えます。日頃のブラッシングのチェックなどを行い、患者さまのお口の状況を記録に残しながら把握します。
※慶歯科医院では、患者さまの歯の状態、歯茎の状態を写真で記録に残しています。写真に取る事で、患者様の歯ブラシの仕方などの生活習慣も推察出来ますし、定期的に写真に残す事で、変化を観察する事が可能になります。また歯ぐきの厚みや、歯ぐきの退縮具合を観察します。

Step2. 歯周初期治療

歯磨きやスケーリングなどによる歯垢と歯石の除去などの歯周病基本治療で、お口の中の細菌数を減らします。スケーリングは2~3回、歯石取りは数回に分けて行います。

スケーリング・ルートプレーニングって何?

スケーラーという器具で、歯の表面についたプラークや歯石を取り、歯の表面を滑沢にします。
歯周病が軽症の場合は、これだけで治る場合が多いです。

Step3. 再評価1

歯周ポケット2回目の検査を行い、治療時の記録と照らし合わせながら再評価。
改善状況を確認します。

Step4. 歯周外科

必要であれば口腔内の環境が改善されたところで、切開や人工骨による治療、エムドゲインによる再生療法など歯周外科の治療を行います。(歯周組織再生療法)

Step5. 再評価2・セルフケアサポート

再度、口腔内を再評価。治療後も細菌数が増えないように患者さまに適したセルフケアをご提案します。