歯周病について

PERIO

歯周病って何?

歯周病は、別名歯周炎歯槽膿漏とも言います。
歯と歯肉の境目から細菌感染を起こすことにより、歯周組織(歯肉や顎の骨)が破壊され慢性の炎症反応がおこっている状態です。
歯周病が進行すると症状が急性化することあります。

歯周病の主な症状

歯肉が赤く腫れている
歯が以前より長くなった
歯肉を押すと膿が出る

3つ以上あてはまる方は、歯周病の可能性が非常に高いです。
お近くの歯科医院で検査を受けましょう!!

歯周病の原因は?

歯周病の原因は歯垢(プラーク)・歯石です。
飲食などの生活習慣・喫煙習慣、歯磨きの習慣などがもっとも重要な要因と言われています。
その他にも・・・全身疾患(免疫力の問題)も歯周病の進行と大きく関わってくることがあります!
日本人は世界的にも1日の歯磨き回数は多い方ですが、国民の約8割が歯周病といわれています。現在日本では歯を失う原因の第1位はむし歯でなく、歯周病といわています。

危険因子:タバコ

歯周病にとってタバコは非常に大きなリスクファクターになります。
長年、タバコを吸っていると歯の周りの骨の吸収がかなり進行している方がおられます。明らかにタバコで歯周病が増悪しているケースです。このような方の場合、治療に対し反応が悪く、治りにくいのも特徴です。
タバコには多くの有害物質が含まれますが、そのうち「ニコチン」は血管を収縮させ、組織の酸素不足・栄養不足を招きます。
また「一酸化炭素」もやはり組織への酸素供給を妨げます。
タバコを吸っておられる方の歯茎は、腫れや出血が一見抑えられていので、自覚症状が乏しいのも問題です。

危険因子:糖尿病

糖尿病の方は好中球の機能不全、コラーゲンの合成阻害、歯根膜繊維芽細胞の機能異常、微小循環障害、最終糖化産物(AGEs)やアディボサイトカインの炎症性組織破壊の関与などにより歯周病が増悪されると思われています。
実際、糖尿病の患者様の歯茎はブヨブヨした感じです。
歯周炎があるとTNFαが増加し、インスリンが効きにくい(インスリン抵抗性)状態になりますので、糖尿病は悪化します。
糖尿病と歯周病はお互いに増悪させて行きますので、糖尿病の方は歯周病の治療を歯周病で糖尿病の方は糖尿病の治療が必要になります。

危険因子:妊娠

妊娠中はエストロゲンやプロゲステロンなどのホルモンが上昇します。
こうしたホルモンは、歯周病原因菌のPrevotella Intermediaが大好きで増殖して、歯肉炎や歯周炎を増悪します。

危険因子:思春期

思春期もエストロゲン等のホルモンが増えることで、歯肉炎が増悪しやすい状態です。
だいたい思春期は、親の管理から離れるので、ブラッシングが悪い時期になります。気をつけましょう。

危険因子:歯並びの悪さ

歯並びが悪いとブラッシングが難しくなったり、噛み合わせの問題から歯周病が増悪したりします。

どのようにして細菌感染が起こるのでしょうか?

歯と歯ぐきの間には歯周ポケット(歯肉溝)と呼ばれる1~2㎜程度のすき間があります。
食事をするとここにプラーク(歯垢)がたまります。

ブラッシングがうまく出来ておらず、歯垢(プラーク)がたまった状態を放置すると、歯ぐきが腫れてきます。
歯ぐきが炎症を起こすと、すき間が広がり2~3mmになります。

歯ぐきの腫れがひどくなると、歯周病菌が繁殖します。
歯周病菌には歯ぐきを作っているコラーゲン繊維を分解する作用があるため、だんだん歯ぐきが弱くなり、炎症も悪化していきます。

炎症がひどくなると好中球と呼ばれる生体防御細胞(体内に侵入した細菌を排除しようする免疫力)が活性化され細菌を退治していきます。

細菌を退治した好中球は膿として歯周ポケットから出ていきます。

細菌感染を防ぐには?

歯周病の原因、プラーク(歯垢)を除去するにはブラッシングしかありません。
歯垢は歯にべったりとくっつきうがいでは取れません。また、食事をとっていなくても付着していきます。
慶歯科医院では、定期的な検診で歯周病検査や予 防治療を積極的に行っています。

歯周病と全身との関わり

歯周病は、歯を支えていた骨が溶かされる病気ですが、問題は「歯がグラグラになって、抜けてしまう」だけではありません。
実は歯周病は慢性の炎症で、そこに細菌の繁殖と体の炎症反応が生じているので、血流を介して、全身に様々な影響を及ぼしています。
代表的なものは、糖尿病です。歯周病があると、TNFαというサイトカインが炎症反応により出ますが、この物質によりインスリン抵抗性が上がり糖尿病になるとされています。糖尿病の患者様に歯周病治療を行うとHbA1Cが0.4〜1下がると言われていて、糖尿病の薬一つ分に相当します。現在、医科歯科連携が推進されていますが、糖尿病治療で、歯周病治療を行うのは、今後必須になると思われます。
同じように、歯周病の細菌や炎症反応で生じるサイトカインの影響で、心臓病、動脈硬化、肺炎、早産等のリスク因子になるとされています。
従って、歯周病をしっかりコントロールすることは、全身の健康にとっても非常に重要なことです。

  • 脳梗塞
  • 心筋梗塞
  • 糖尿病
  • 肺炎
  • 早産(妊娠中の場合)
  • 様々な全身疾患の悪化