歯周病について

PERIO

歯周病って何?

歯周病は、別名歯周炎歯槽膿漏とも言います。
歯と歯肉の境目から細菌感染を起こすことにより、歯周組織(歯肉や顎の骨)が破壊され慢性の炎症反応がおこっている状態です。
歯周病が進行すると症状が急性化することあります。

歯周病の主な症状

歯肉が赤く腫れている
歯が以前より長くなった
歯肉を押すと膿が出る

3つ以上あてはまる方は、歯周病の可能性が非常に高いです。
お近くの歯科医院で検査を受けましょう!!

歯周病の原因は?

歯周病の原因は歯垢(プラーク)・歯石です。
飲食などの生活習慣・喫煙習慣、歯磨きの習慣などがもっとも重要な要因と言われています。
その他にも・・・全身疾患(免疫力の問題)も歯周病の進行と大きく関わってくることがあります!
日本人は世界的にも1日の歯磨き回数は多い方ですが、国民の約8割が歯周病といわれています。現在日本では歯を失う原因の第1位はむし歯でなく、歯周病といわています。

どのようにして細菌感染が起こるのでしょうか?

歯と歯ぐきの間には歯周ポケット(歯肉溝)と呼ばれる1~2㎜程度のすき間があります。
食事をするとここにプラーク(歯垢)がたまります。

ブラッシングがうまく出来ておらず、歯垢(プラーク)がたまった状態を放置すると、歯ぐきが腫れてきます。
歯ぐきが炎症を起こすと、すき間が広がり2~3mmになります。

歯ぐきの腫れがひどくなると、歯周病菌が繁殖します。
歯周病菌には歯ぐきを作っているコラーゲン繊維を分解する作用があるため、だんだん歯ぐきが弱くなり、炎症も悪化していきます。

炎症がひどくなると好中球と呼ばれる生体防御細胞(体内に侵入した細菌を排除しようする免疫力)が活性化され細菌を退治していきます。

細菌を退治した好中球は膿として歯周ポケットから出ていきます。

細菌感染を防ぐには?

歯周病の原因、プラーク(歯垢)を除去するにはブラッシングしかありません。
歯垢は歯にべったりとくっつきうがいでは取れません。また、食事をとっていなくても付着していきます。
慶歯科医院では、定期的な検診で歯周病検査や予 防治療を積極的に行っています。

歯周病と全身との関わり

歯周病による影響は口腔内だけではありません。
全身に歯周病菌が血管を通して広がると様々な症状が出てくる場合があります。
歯周病を放置しておくことは、全身の健康にも悪い影響をおよぼします。

  • 脳梗塞
  • 心筋梗塞
  • 糖尿病
  • 肺炎
  • 早産(妊娠中の場合)
  • 様々な全身疾患の悪化