インプラント治療の流れ

IMPLANT FLOW

Step1. 精密検査

インプラント治療を行う前には、以下の内容について精密に検査を行う必要があります。

■口腔内の菌の状態(歯周病菌)が、手術を行えるレベルであるか
■インプラント体を埋入するのに十分な骨の高さ、幅があるか
■治療後、現在の噛み合わせの力による弊害が出ないか

当院では、歯科用CT等の精密検査が可能になる機材を導入しておりますので、安心してご来院ください。

Step2. 初期治療

質が高く長持ちするインプラントのためには、口腔内を良好な衛生状態に保つことが必要となります。
そのため、菌の原因である、虫歯や歯周病などの初期治療を行います。
※お急ぎの方には、飲み薬を処方して行う早期治療もございます。

Step3. 歯型の作成

歯茎の状態が落ち着いたら、それぞれの模型(歯型)を作成します。

Step4. 2次精密検査

もう一度、レントゲンとCTを使い、顎の神経までの距離や骨、動脈の位置、顎の形状などを細かく調べます。

Step5. 治療計画の確認

歯並びや噛み合わせ、お口全体の力のバランスなどを考慮し、インプラント治療のプランを立てます。

Step6. 手術

インプラントの埋込み手術を行います。
手術は衛生環境に配慮した手術室で行うので安心です。

Step7. 人工歯の装着

治癒期間を経て、インプラントと骨が結合したら歯冠部を作ります。技師との連携で調整を重ねながら、お一人おひとりにぴったり合ったものをお作りします。

Step8. 治療終了、予防のはじまり

治療が終わったら、日頃は丁寧なブラッシングを行い、4カ月に1度、最低でも年2回程度、メインテナンスをお受けください。インプラントや歯肉の状態、噛み合せのバランスチェックなどのほか、歯科衛生士によるお手入れを行います。