院長ブログ

BLOG

    日本口腔インプラント学会の専門医制度について

    日本口腔インプラント学会では、認定医制度があり、専修医、専門医、指導医が存在します。

     

    ☆専修医は「正会員歴2年以上で、インプラントの知識と技術を有し、認定資格条件を満たしたうえで申請を行ない認定された正会員」と規定されています。

    専門医になるための登竜門になっています。基本的なインプラントの知識・技術に加え、症例の発表と投稿も必要です。

     

    ☆専門医は「正会員歴5年以上で、インプラントの知識と技術を有し、認定資格条件を満たしたうえで専門医試験に合格した正会員」とされています。

    インプラント症例の3年以上経過した20症例を提示し、試験を受ける必要があります。

     

    ☆指導医は「正会員歴10年以上で、インプラント治療を熟知し指導的な知識と技能を有し、口腔インプラント指導医申請資格条件を満たした上で指導医試験に合格した正会員」とされています。

    3年以上経過のインプラント症例を100症例を提示し、学会での論文投稿も必要です。豊富な臨床経験と論文投稿の経験が必要になりますので、単に経験豊富があるだけでは指導医にはなれません。

    また指導医になると、専修医・専門医・認定歯科衛生士を推薦できる立場になります。

     

    ☆認定歯科衛生士は「正会員歴2年以上で、インプラント治療の介助又はメインテナンスに携わり、認定資格条件を満たしたうえでインプラント専門歯科衛生士試験に合格した正会員。」とされてます。

    2年以上経過のインプラント症例を提示する必要があります。

     

     

    また一度こうした専門医を取得したとしても、専門医をキープするためには5年ごとの更新を行う必要があります。

    更新するためには、毎年、学会参加や発表等を行なって単位取得を積み重ねる事が求められます。

    こうして専門医は常に進歩する技術・知識に対応する事が要求されています。

    インプラント治療を受けるにあたっての医院選びのポイント

    インプラント治療を行っている歯科医院が増えてきました。患者さまには安心してインプラント治療を受けて頂きたいため、今回はインプラント治療を受けるにあたっての医院選びのポイントをお伝えします。

     

    歯周病の治療に力を入れている歯科医院

    インプラント治療する前に歯周病の治療を行う必要があります。

    またインプラントを長期にわたって安定させるためには、歯周病治療は欠かせません。

    ただ単にインプラント治療するだけではなく、メンテナンスを含めた医院選びが大切かと思われます。

    歯周病の治療に力を入れている歯科医院

     

    先生との信頼関係がある

    なんと言っても、信頼関係がなければ、治療そのものが成り立ちません。

    インプラントは高額になりますし、手術も必要になりますので特に信頼関係が重要です。

    疑問に思う事は遠慮せずに、先生に相談して、不安を払拭してください。

    先生との信頼関係がある

     

    CTが設置してある

    CTが設置されてなくても、近くのCTがある医院と提携されてインプラント治療を行ってる歯科医院もありますが、やはりCTがあれば術前、術後にすぐに撮影し確認できますので、CTが設置してあると安心です。

    CTが設置してある

     

    手術の時に、ガウンテクニックをしっかり行っている

    インプラント手術を行うにあたって、重要な事の一つは感染予防です。

    マスク、ガウン、ヘッドカバー又は帽子、グローブ、フェイスガード等の着用は、感染予防をする上で重要です。

    手術の時に、ガウンテクニックをしっかり行っている

     

    個室のオペ室がある

    やはり感染予防の観点から他の診療台と区別されていると安心ですね。

    個室のオペ室がある

     

    手術前、手術中に血圧・脈・酸素飽和度などのモニターを測定してくれる

    高血圧症などの基礎疾患を持たれている患者様も多いですし、手術中は麻酔を使用します。

    全身状態を把握しながら、手術を行ってくれていると安心ですよね。

    手術前、手術中に血圧・脈・酸素飽和度などのモニターを測定してくれる

     

    できれば日本口腔インプラント学会の専門医である

    インプラントはここ30年で飛躍的に進歩してきていますし、これからも進歩すると思われます。ですので、歯科医師も常に研鑽する必要があります。

    日本口腔インプラント学会の専門医は、5年ごとに更新が必要で、学会参加や研修、学会発表、症例提示等が義務付けられています。ですので、専門医である時点でかなり安心できます。

    また、インプラントの認定歯科衛生士制度もあり、認定歯科衛生士がおられる歯科医院はとても安心できると思われます。

    できれば日本口腔インプラント学会の専門医である

    歯周病菌でアルツハイマー?!

    歯科医師会より、パンフが送られて来ました^_^。

    先月、歯周病と認知症との関係が明らかになったと報道されましたが、それを受けてとパンフです。

    今まで、歯周病と糖尿病、早産、心臓病、などの関係は言われてきましたが、ついに歯周病が脳の病気とも関わってる事がはっきりしてきました。

    このように、歯周病は単に歯だけの問題ではないんです。

    歯周病学会

    今年5月に行われる予定だった歯周病学会ですが、コロナのため今月web開催されてます^_^。

    聞きたいところをじっくり聞けるので、とてもいいですね。

    今回、私もポスター発表してまして、業績として認められるみたいです^_^。

    日本歯周病学会

    日本歯周病学会から、感謝状届きました^_^。

    今回は福島で行われる予定だったのですが、web開催となりました。

    まぁ、好きなところをじっくり聴けるという面では、いいですね^_^。

contactお口のお悩みをご相談ください
096-329-3920
医院情報
オフィシャルサイト
患者さまアンケート
歯周病
インプラント治療
院長ブログ
慶歯科医院の交通案内
初めての方
  • facebook
  • instagram
background movie